【本番前に必ずやること】子供の成長を垂直で比べてみよう

全般

中学受験前の最後の模試が終わり、より一層緊張感が増してきていると思います。
この先のスケジュールで受験本番の合否という結果がでた後では、どうしても結果に注目してしまうと思います。

中学受験の専門家で多くの著書を執筆されている小川大介先生ご自身の家庭の経験も書かれている「はじめての中学受験」という本でも合否に関わらず子供の成長との向き合い方が書かれています。
非常に参考になる本だと思います。

中学受験を通じて子供の成長を感じることができたようです。
合格だから良かった、不合格だから残念だったと安易に捉えてしまわない為には、結果が出る前のこの時期に子供の成長を確認し褒めてあげたいですね。

*将来、僕自身もこのように子供と接することができるように心掛けたいと考えています。

【結論】

受験本番は他の受験生と競争することになるが、子供の成長は垂直に比較することが大切である。

【解説】

「子供の成長を垂直で比べる」という名門校の開成中学校元校長先生のお言葉があります。
垂直で比べる相手は、「過去の子供本人」と比べることを表してます。

例えば、「5年生の時の受験生」と「最終模試を終えた受験生」を比べてみましょう。
成長した力は、学力以外にもあるのではないでしょうか。
・時間をコントロールする力
・難しいことに挑戦する力
・コツコツと努力を積み重ねる力
色々な力が伸びてきていると思います。
単純な学力以上に、これからの人生を豊かにしてくれる力になると思います。

受験本番を迎えて合否という結果がでる前、ちょうど今の時期が子供の成長を確認するのにベストな時期と言えます

【Twitter調べ】の合不合に関する感想まとめ記事をこれまで投稿してきました。
その中身を読み返してみても、学力以外の受験生たちの成長を感じることができます。

・模擬テストに集中しきれていない状態から、受験生らしくなっている投稿。
・模擬試験当日から自己採点を行い、次に向けて努力を開始できるようになった投稿。
・模擬試験に向けて、前日からテストに集中できるように調整できるようになった投稿。

これらは学力とは直接は異なりますが、今後の人生で役立つ力となります。

中学受験に本気で取り組まなければ、これらのちからは身につかなかったかもしれません。
そう考えると合否がでる前の現段階で既に中学受験に取り組んだ価値があると思われます。

【まとめ】

  • 合否判定がでる受験本番前に、子供を垂直比較しておくことをおすすめする。
  • 12月の現時点で、すでに中学受験に取り組んだ価値が感じられるはずである。

ダイダイ広島受験ブログではツイッターともリンクしています。@daidaihirosima
コメント、質問なども募集しています。宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました