【広島で中学受験】ライバルの人数をイメージしよう

全般

広島で中学受験をすることは、どれくらいの人数と勝負することになるのでしょうか。

各学校の倍率や受験生の人数は発表がありますが、広島の受験生全体としてイメージすることが難しい所があると思います。

今回は、広島の中学受験生の全体像を計算し、ライバルの人数を具体的にイメージできるように解説します。

この記事がおすすめの人

・広島で中学受験をすることの全体像がイメージできない方。
・家族に、中学受験のライバル数や難易度などを知ってもらいたい方。

結論

計算上の理論値では、広島市内の小学校の各クラスで1番賢い生徒が最難関校に進学可能である。

解説

広島県教育委員会のHPの令和元年度公立学校基本数で調べると、広島市内の1学年は約1万人から1万2000人の間で推移しています。

広島市外から受験する学生もいることを考慮して、約12000人の同級生がいると家庭して計算します。

最難関校に進学できる割合

最難関校3校(附属、学院、清心)に進学できる人数を計算します。

*便宜上、男女は区別することなく、計算しています。

つまり広島市内の受験をしない同級生を含めると、計算上は上位4%の学力の生徒が最難関校に入れる計算となります。

難関校に進学できる割合

ダイダイの広島受験ブログで難関校と定義している4校を男女を分けずに計算しています。

県広も難関校と定義していますが、東広島市に位置しているため、除外して計算しています。

難関校に進学するためには、学力上位10%の実力をみにつける必要があります。

【上位4%をイメージする】

「上位4%は25人中に1位」なので、「クラスで一番勉強ができるという状態」がイメージですね。

「上位4%」を偏差値で表現すると、偏差値67程度に相当します。

クラスで1位、もしくは偏差値のどちらでイメージしても、「上位4%」が難しいことが分かると思います。

高校野球の広島予選で、上位4%を例えてみる

偏差値などで例えても、イメージがしにくい人のためにスポーツで例えてみます。

今回は、夏の甲子園を目指す球児に例えます。

「上位4%」とは高校野球で県ベスト8入りする学校のベンチ入りする難易度という計算になります。

*実際は他の学校ならレギュラー入りできるのに、強豪校でベンチ入りすらできない選手がいます。
*これは学力が十分なのに受験の本番で実力を発揮できなかったため、不合格になることに似ていると思います。

ダイダイ
ダイダイ

「上位4%」や「上位10%」をしっかり意識して、努力を続けたいですね。

【まとめ】

  • 最難関校は上位4%、難関校は上位10%に入る学力をつける必要がある。
  • 「クラスで一番勉強できる生徒」は、簡単にイメージしやすい全体像である。

*簡単ではないですが、十分な努力を続ければ手の届く範囲だとイメージできるはずです。


ダイダイ広島受験ブログではツイッターともリンクしています。@daidaihirosima
コメント、質問なども募集しています。宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました