【解説】広島から難関大学へ進学するには? 1%の壁

全般

中学受験をする家庭では中学受験が最終的なゴールではなく、その先に難関大学への進学も長期的な目標だと思います。

各学校の大学進学実績が、学校選びの1つの基準になります。

一方で、進学実績だけを見ても、難易度に関してイメージが湧きにくい人もいると思います。

こんな疑問をもつ人におすすめ

・中学受験で難関校に入れば、難関大学へ進学できる学力が身につくのだろうか?
・公立学校に進学しても、難関大学へ進学できるのではないか?

今回の記事で、このような疑問に対する答えを解説します。

広島から難関大学へ進学することの難易度について、理解しましょう。

【結論】

広島から難関大学へ進学するためには、広島で学力上位1%の人間になる必要がある。

【解説】

最初に厳しい現実を説明します。
広島では、どの学校にいっても「普通に頑張る」だけでは難関大学にはいけないということです。

働きアリの法則(2:6:2の法則)を利用して、「普通に頑張る」ことを次の様に定義します。

組織の種類に関係なく、2:6:2程度で分布することが多いことが分かっています。

最難関校から難関大学への進学を考える場合

例を挙げると広島学院の進学実績でも、難関大学の合格者の合計は上位2割の人数に収まります

つまり、最難関校の「普通に頑張る人」では難関大学には進学できないことになります。

最難関校への進学率を机上の計算にはなりますが、上位4%が最難関校に進学できる計算になります。

【最難関校への進学難易度】×【最難関校から難関大学への進学率】を計算します。
【上位4%】×【20%未満】=1%未満 

最難関校には「1%の壁」が存在します。

難関校から難関大学への進学を考える場合

【難関校への進学難易度】×【難関校から難関大学への進学率】を計算します。
【上位10%】×【10%未満】=1%未満 

難関校にも「1%の壁」が存在します。

中堅校や公立校から難関大学への進学を考える場合

中堅校や公立校から難関大学へ進学する場合、学校内でトップの実力を身に付けなければなりません。

仮に計算すると定員300人した場合、少なくともトップ3以内の実力が必要となります。

つまり、それぞれ進学した学校の中で、1%未満の人なる必要があります。

中堅校や公立校も同じように「1%の壁」が存在します。

ダイダイ
ダイダイ

広島では難関大学へ進学するためには、1%の壁を超えることが必要ですね。

どのコースで1%の壁を超えるのか戦略が必要です。

【中学受験校の進学先選択】

進学先の決定には、この1%の壁を越えるために必要な作戦を家庭で話し合う必要があります。

最難関校に進学して、上位20%以内になるように努力を続ける。
難関校に進学して、上位10%以内になるように努力を続ける。
中堅校や公立校に進学して、学校内でトップになるように努力を続ける。

これは、子供の性格も大きく影響すると思います。

背伸びをして、さらに上位校へ進学することが必ずしも最終的に良い結果になるとは限りません。

「深海魚」という受験界隈で使用される言葉の状態になるかもしれないからです。
「深海魚」という言葉を知らない方は、「二月の勝者」の9巻をみると理解できるのでオススメです。

ダイダイ
ダイダイ

深海魚を避けた学校生活を送れる方が良いのではと、個人的は考えています。

【おまけ:1%の壁を破ること】

話がそれますが、どの分野においても1%の壁を破ることは重要なスキルになります。

少し前に話題になった堀江貴文さん(ほりえもん)の「多動力」という本をご存知でしょうか。

「1%×1%×1%」という方法をとれば100万人に1人の人材になれることが書かれています。

1つの分野で100万人に1人になるには圧倒的な才能が必要です。
しかし、3つの分野で上位1%になって掛け合わせたら、それもまた100万人に1人の優秀な人材となれます。

「上位1%に入る事」を身に着けるには、学業でもスポーツでも芸術でも何でもよいと思います。

1%の壁を破るための努力を身に付けるためには、学業なら難関大学に入ることが一つの目安になると言えます。

【まとめ】

  • 広島の人口規模なら、学力上位1%に入れば難関大学にすすむことができる。 
  • 最難関校ならば、校内で上位20%以内には入ることが目安となる。 
  • 難関校ならば、校内で上位10%以内に入ることが目安となる。 
  • その他の学校ならば、校内でトップに君臨することが一つの目安となる



ダイダイ広島受験ブログではツイッターともリンクしています。@daidaihirosima
質問なども募集しています。宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました