【医者を目指す小学生必見】中学受験前に医者になる方法を知ろう。

全般

中学受験の目的の1つが進学校へ行って、将来医者になることを目指している受験生もいると思います。

コロナの影響で医学科進学は、人気上昇中です。

医者希望の生徒が志望校を決める時に、医者になる方法を一度整理しておきましょう。

今回は、医学科入学から医者になるまでの方法を解説しますので、志望校選びの1つの材料にしてもらえたらと思います。

*病院勤務の僕が、周囲の医者の話も合わせて解説していきます。

特におすすめの人
  • 将来、医者になることを考えている学生、ご家庭
  • 医者になる方法を調べたことがなく、イメージが湧かない方

【結論】

  • 医学部医学科に進学し、医師国家試験に合格すると医者になれる。
  • 医学部医学科に進学する方法は、一般入試、推薦入試がある。
  • 広島大学の推薦入試「ふるさと枠」を知ると、中学受験に対するプレッシャーが緩和される。

【解説】

大学入学から医者になるまで、時系列に整理すると次のようになります。

①医学部医学科に入学する。
②医学部医学科を卒業する。
③国家試験に合格する 
④初期研修医(一般的には医者と呼ばれます。)
⑤○○科の医者になる。研鑽を積み、一人前の医者を目指す。

①は多くの方が知っている通りで、医者になるためには医学科に入学する必要があります。
「医学科に入学」に関しては、後で深堀りします。

②をあえて項目として挙げた理由があります。
医学科は留年する人が当たり前にいる学部です。
また③の国家試験に合格する可能性が低い学生は、卒業試験の時点で落第させて卒業できないように調整がかかることもあります。

③は医師国家試験のことです。
医師国家試験の合格率は90%程度で、自動車普通免許の合格率よりも高い数字です。
無事、医師国家試験に合格できると、晴れて医者となることができます。

④医師国家試験に合格した学生は、あらかじめ卒業前に就職活動をしておいた病院に勤務することになります。
「マッチング」といわれ、病院と医学生の集団就職活動が取りまとめられています。
就職活動のタイミングや病院が雇える研修医の数が、国全体でコントロールされている特徴があります。

⑤外科医、小児科医など専門の道に進むことができるのは初期研修医の2年間を終えた後になります。
これまでの全ての試験をストレートで合格した場合、⑤の時点で最短26歳となります。

*小学生から考えると、○○科の医者となることは遠い未来のように感じるかもしれませんね。

医学部医学科に進学する方法は、一般入試、推薦入試がある。

中学受験で難関校に進学して医者になることを目指す受験生は、「一般入試」を目標にしていることが多いと思います。

中学、高校で勉学に励み、大学入試の前期・後期試験で医学科の合格を手にする方法が一般入試です。一般入試の難易度は非常に高く、高い偏差値帯での争いとなります。

一方で、推薦入試は一般入試と比べて、共通テストなどの得点率では劣ることがしばしばあります。
そのため、推薦入試で合格した人を揶揄する声が一部であるようです。

しかし医者になることが目的である場合、合格を手にする方法など全く関係ありません。
一般入試以外にも、どのような推薦入試が存在するか調べて、医学科合格を手にする手段を増やしておいた方が良いでしょう。

推薦入試の方法を知ることで、中学受験で進学校に合格できなかった場合や学力に伸び悩んでしまった場合も、医者になることを諦めなくてよいことが分かります。

医者になりたい小学生が中学受験で最終的な進学先を決定する際に、一般入試と推薦入試に精通しておくことで、受験生の相性の良い学校選びが可能となります。

*病院勤務で多くの医者と仕事をしていますが、患者さんの治療をしている時に、一般入試と推薦入試、国公立卒と私学卒などは区別がつきません。

広島大学の推薦入試「ふるさと枠」を知ると、中学受験に対するプレッシャーが緩和される。

推薦入試の中には「地域枠」と呼ばれるものがあります。

「住んでいる地域」や「年齢」などで、推薦入試を受けることができる人を最初から制限している制度です。

広島大学では「ふるさと枠」と呼ばれ、他の県などでも同様の制度があります。
もともと、医師不足の地域で医者を確保するために作られた仕組みです。

広島の「ふるさと枠」では定員18名の合格枠があり、医学生の間奨学金が支給される代わりに、広島の医師不足の地域での勤務が与えられます。

医者になるための②―④には影響はありませんが、⑤には大きく影響を与えます。
具体的には、勤務地に制限がかかり、思い通りのキャリアプランを描けない可能性があります。

医学科に合格しなければ医者になる権利を手にできませんが、医者になった時の選択肢が狭くなることを避けたい学生は、「ふるさと枠」を回避します。

つまり、一般入試でも合格可能性が十分ある学生は、医者になった後の影響を考えて、あえて「ふるさと枠」で入学する選択をする必要はありません。

結果的に「ふるさと枠」の純粋な学力の難易度は、一般入試に劣る可能性も十分考えられます。
学校での評定も影響するので、どちらが容易であるかは一概には言えません。

「ふるさと枠」の事を知ると、中学受験の時に最難関校に不合格でも、他の学校で十分な学校生活と学力向上をすれば、医学科進学のチャンスが十分あることが分かります。

*医者志望の小学生のプレッシャーが少しでも緩和されることを願っています。

【おまけ:医者になるためのお金について】

医者になるための費用について、おまけで解説します。

まず、国立進学と私学進学で大幅に費用が異なります。

国立:入学金30万円+授業料約350万円(年間60万円弱×6年間)
私学:入学金数百万円+授業料数千万円(6年間)

*私学は学校によって、金額が大きく異なりますが、けた違いに国立が安くなっています。

しかし、国立に進学できた場合でも6年間分の授業料を払うことも困難な家庭もあるかもしれません。

経済的な理由で医学部進学が困難な家庭でも、広島の「ふるさと枠」のような奨学金がある制度を利用することで、医者になる選択肢を諦めずにすむ方法があります。

ふるさと枠:月額20万円貸付 6年間総額1440万円を借りることができます。
*勤務地を選ぶことで、1440万円は返済不要にできます。

地域枠を利用することで、卒業まで十分に勉学に励むことができるお金を手にすることができ、お金を理由に医者になることを諦めなくてすむことを知っておきましょう。

ただし、医者になった後の⑤に部分で制限を受ける点には注意が必要です。

【まとめ】

  • 医者になるためには一般入試、推薦入試など、本人の相性にあった入試で医学科合格を手にする必要がある。
  • 一部の入試では、医者になった後のキャリアプランに制限を受けることも理解しておかなくてはならない。

*医者について、僕の職場の病院の人に色々なことを質問することもできます。代わりに質問することもできるので、気になる点があれば遠慮なく連絡をください。

ダイダイ広島受験ブログではツイッターともリンクしています。@daidaihirosima
コメント、質問なども募集しています。宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました