【学校徹底分析】広島大学附属東雲中学校について

中学校分析

今回は広島大学附属東雲中学校(以下:附属東雲と表記)を分析します。

ダイダイの広島受験ブログでは、附属東雲を難関校に位置付けしています。

位置づけの理由などは「偏差値」を基準に分析してみた記事を参考にして頂けると幸いです。

<基本情報>

創立:1947年 男女共学校
住所:広島県広島市南区東雲3丁目1-33

<受験情報>

募集人員:1学年 男女合計80名 (小学校からの内部進学者あり)
検定料(受験料):5000円
選考方法:筆記テスト、面接、調査書
筆記テスト:国語40分、算数40分
面接:男女別5,6人のグループで15分程度

*募集人員は男女別で発表はありませんが、在籍児童数を確認すると全学年男女40人ずつになっています。
男子40名、女子40名と考えてよいと思います。
*筆記テストや面接の点数の比率などは公表されていません。

<令和2年度 中学入試情報開示>
公式HP上からは現在、確認できません。

*「募集要項に記載してある日時しか掲載しません」とHPに記載してある通り、現在は確認できません。他方面からの数字を参考にすることもできますが、正確性に劣るためこのブログでは掲載しません。

<小学校とのつながり>

東雲小学校からの内部進学があります。
内部進学には試験が準備されていることや他の学校を受験する生徒がいることから、全員がそのまま進学するわけではありません。
小学校の定員(72名)より中学校の定員(80名)が多く、必ず中学時点で外部生が追加されます。

*中学入学の時に、内部進学と外部生の比率は、各学年で傾向がばらつきがありそうです。
*内部進学が多い学年では、外部生にとって非常に狭き門となりそうです。
*偏差値で評価した場合、サイトによって振れ幅が大きい原因の1つに募集人員の少なさが挙げられると考えます。

<高校とのつながり>

東雲高等学校はありません。高校時に受験が必要となります。

*中高一貫校ではないことは、必ず家族で話し合いをしておく必要があります。
*中高一貫校の中だるみを心配する方にとってはメリットかもしれませんが、高校受験そのものを負担と考える方もいると思います。
*どちらがよいというわけではありませんが、学習環境に関する本人の気持ち、家族の考えは相談しなくてはなりません。

<まとめ>

  • 附属東雲は高校が併設されていないので、必ず高校受験が必要となる学校である。
  • 中学校からの入学の場合は内部生の影響を受けるため、学年によっては非常に狭き門となる可能性がある。
  • 高校受験をすることをメリットと考えるご家庭では、有力な選択肢となり得る。
  • 一方で、高校受験を避けたい方は、他校の受験、進学を優先した方が良い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました