「3月末」から頑張れる人は今後大きく成長できる。

全般

春休みが始まって、新学年直前の時間を復習や予習に使い有意義な時間を過ごしている方も多くいると思います。

一方で「4月から頑張ろう」「今は充電期間で休もう」と考えて、休憩モードの方もいると思います。

長期休みの過ごし方は人それぞれですが、春休みの期間は約2週間もあります。

頑張っている人と休憩モードの人が、春休みの2週間で大きな差がつくことは容易に想像できます。

今回の記事では、なぜ「3月末」に頑張ることが今後の成長につながるのか解説します。

この記事を読むことで「3月末」に頑張れる人は将来大きく成長できることが分かると思います。

【結論】

  • 「3月末」は後回しにする理由が沢山ある時期だが、その中でも目の前の事に取り組める力は非常に役に立つ。
  • 春休みの2週間という期間は、1つのことに取り組むには十分な時間である。

【解説】

【新学年を控えた3月末は、物事を始める時に少しだけ後回しにする理由が沢山あります。】

  • 1年間頑張ったから、少しだけ休憩しよう。
  • 4月1日から頑張ろう。
  • 新学期が始まってから頑張ろう。

このように「もう少し」だけ後回しにする理由が多くあるのが「3月末」です。

同じ様なことは大人の世界でもあります。
「年度末だから・・・」「新年度からはじめよう」など、少しだけ後回しにすることがあります。

最終的に取り組まないわけではありませんが、少しだけ後回しにする習慣は積み重なります。

積み重なった時間はいずれ大きな時間となり、大きな実力差となります。

後回しの理由が多い3月末にも頑張れる人は、今すぐ頑張ることができる人と言い換えることができます。

今すぐ頑張れる力は、春休み以降もテスト後や夏期講習が始まる前など、ついつい休憩が欲しくなる時間(後回しにする時間)を上手に使えることになります。

その積み重ねが少しずつ、他の人と差をつけることになります。

この3月末に目の前の課題を後回しせずに頑張ってみることをオススメします。

3月末に頑張った経験が後回しにする癖から今すぐ頑張る習慣へと切り替えるきっかけになります。

今すぐ頑張ることを身に着けた人は、中学受験だけでなく今後将来にわたって大きく成長できるでしょう。

【春休みは2週間程度の期間とはいえ、自由に時間が利用できる2週間は大変貴重です。】

2週間の休みが貴重であることは「6月」と「秋冬の受験本番前」に痛感する家庭が多いといわれます。

なぜ6月なのかというと、祝日がなくなることをきっかけに塾の授業についていけなくなる生徒が増える時期だからです。
4月、5月では土日に加えて祝日を利用して勉強することで授業に追いつけていた人が、6月の祝日がない月に失速する現象があります。

失速した時に春休みの2週間を上手に利用できていたらと考えても、時間は戻りません。

また秋冬以降の模試や過去問に取り組み始めた時も、自由にできる時間の足りなさを感じます。
春の時期から秋冬を意識して時間を上手に使うことは困難ですが、先を見据えて少しでも課題の克服に利用するべきです。

2週間もあれば、苦手な単元の克服や満足いくまで得意科目に取り組むなど充実した日々を過ごすことが可能です。

新6年生は特に夏期講習で埋まる夏休みには自由な時間が作りにくく、この春休みが最後の自由時間と言えるかもしれません。

*有意義な2週間となるように、計画をたてて春休みを過ごしたいですね。

【おまけ】

幼稚園の息子も、少し後回しにする癖がつき始めています。

最近の決まり文句は、「年中さんになったら○○をする。今は年少だからできない。」です。

幼稚園生の内から、年度末は先回しの時期になっているようです。

親もついつい「年中さんになったら○○しようね」と促すことがあるので注意したいと思います。

【まとめ】

  • 3月末は目の前の課題を後回しにしてしまう理由が数多くあり油断してしまう危険性があり、計画的に過ごす必要がある。
  • 春休みの2週間は今後の中学受験生活を考えても、自由に使いやすい非常に貴重な時間である。

ダイダイ広島受験ブログではツイッターともリンクしています。@daidaihirosima
コメント、質問なども募集しています。宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました