【広島で中学受験】2021年度最難関校への受験日程 男子編

学校関連

広島の中学受験校の募集要項が発表が少しずつ始まっています。

最難関校への合格を目指すために、具体的に日程を立てることができる時期になりました。

今回、男子の最難関校に合格するための令和3年度のモデルケースを考えました。

このブログの中では最難関校などの学校の評価は次のように行っていますので、宜しくお願いします。

【結論】

合格校を1つも持たない状態でよい受験生は、1/23(土)からの3連戦に集中する。
合格校を1つ以上持った状態が良い場合は、3連戦前の受験校と3連戦の期間を調整する必要がある。

【解説】

首都圏の中学受験と異なり、広島では受験校の選択は日程が重なることはほとんどありません。

受験するかしないかを決めるだけで、受験日程が決まります。

合格校がある場合、ない場合で複数の受験パターンを作成する必要がない点で、広島で中学受験を計画する場合は非常にシンプルです。

①合格校を1つも持たない状態でよい受験生は、1/23(土)からの3連戦に集中する。

1/23(土)修道
1/24(日)学院
1/25(月)広大附属

修道の合格発表は、例年通りなら受験日の翌日となっています。(公式発表次第で修正します。)
学院の合格発表は、1/25の15時からとは公式発表されています。

学院が本命校の場合は1つも確定した合格校がない状態での受験となります。

広大附属が本命校の場合は、修道を合格校として確保した状態かもしれません。
(逆に修道が残念な結果であった場合は、非常にプレッシャーがかかります。)

*3連戦の全てで残念な結果であることは考えたくありませんが、3連戦より後に行われる入試は多くありません。
*各家庭で、本当に合格校を1つも持たない状態で受験するかは早い時期に検討する必要があります。

②合格校を1つ持った状態が良い場合は、3連戦前の受験校と3連戦の期間を調整する必要がある。

1/23(土)から始まる3連戦の前に、合格校を確保する必要があります。

具体的には、1/4の第1回AICJ中学から広島の中学受験は開始されます。
3連戦より早く入試が行われる学校の中で、受験校を選ぶ必要があります。

3連戦に集中したい場合は、2週間以上期間が空いているAICJの第1回が候補になります。
逆に緊張感が途切れることを恐れる場合は、AICJの第1回を避けて他の学校が候補になります。

*連戦の精神的な負担と2週間の休憩期間の緊張感の途切れは、受験生の性格も影響すると思います。
*試験会場内の感染を回避したい場合は、コロナ潜伏期間の2週間を空けることが可能である第1回のAICJ中学の方が候補となるかもしれません。

広島学院では「コロナPCRが陽性の受験生は入試を控えること」と募集要項に記載があります
症状の有無で評価しているわけではなく、軽症者でもPCR陽性ならば受験資格を失います。

*3連戦に近い受験日で症状ありのコロナ感染者が発生した場合、受験会場全員が濃厚接触者として検査対象となるかもしれません。
*その場合、PCR陽性の軽症者が一斉に受験資格を失う可能性もあります。

*最難関校受験者にとって、受験会場内感染は常に注意しなければなりません。

【まとめ】

  • 最難関校志望の受験生は、1/23からの3連戦の前に合格校を確保するかを決めておく必要がある。
  • 合格校を確保する場合は、進学する可能性も含めて受験校を選択する必要がある。

*難関校や中堅校が本命校になる場合は、別の作戦が必要となると考えています。
*また、別の記事で難関校や中堅校バージョンをまとめる予定ですので宜しくお願いします。

ダイダイ広島受験ブログではツイッターともリンクしています。@daidaihirosima
質問なども募集しています。宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました